幼稚園先生になるには

現在の取り組みやトレンド

幼稚園教諭の免許は取得基準が甘く、それこそ大学中退者であっても取得が可能です。大学中退者の場合は在学年数2年以上、卒業所用単位62単位取得という条件を満たしていれば通信制大学に編入して幼稚園教諭の二種免許状を取得する課程に進むことが許されます。 こうした取り組みは極度の就職難に喘ぐこの日本の世の中だからこそ注目されるものであり、要するに「食うに困らない」という意味で幼稚園教諭養成課程が注目されるということです。 ここで幼稚園教諭の免許をあまりに簡単に交付してよいものかという意見が多少なれど聞かれるものの、幼稚園における実務は明確に厳しく離職率が高くなりがちであるからこそこうした甘い基準での交付が成り立つのです。

幼稚園教諭の免許の取得を目指す人物やそれをサポートする人物

幼稚園教諭の免状は大学だけでなく短期大学でも取得可能であり、大学や短期大学を卒業した後に通信教育を活かして免許取得に励む人物も少なくありません。幼稚園教諭の免状をこうした形で取得しようとする人物に共通することは大学や短期大学を卒業するまでに免許の取得が叶わなかったということです。 経済的な理由、家庭の事情、あるいは卒業に専念するという理由で泣く泣く幼稚園教諭の免許をいったんあきらめた者であっても再チャレンジは可能です。ましてや通信教育の場合は有業者の就学を前提視しているのでサポート体制の充実ぶりは目を見張るものがあります。甘えや怠けに対する温情はもちろん期待できないものの、本業と勉学を両立することに関してはまるで支障が出ないケースが殆どです。